髪の毛が年々寂しい感じになっていく年齢になってきてしまいました。悲しいことに年齢や遺伝には逆らえないのか…と諦めていました。なんとかならないものかとインターネットで調べているとあるじゃないですか!素晴らしい物が!

発毛用の植毛をする際に耐熱を考える必要性

発毛用の植毛を利用する際には、耐熱に関して考える必要は全くありません。何故かと言うと、発毛を促すために植毛をする時には近年では患者自身の髪の毛を利用した自毛植毛が基本となっているからです。そもそも、耐熱性を考慮しなくてはならなかったのは、植毛が人工毛髪によって行われていた時代ですので近年ではこのようなことを一切考える必要性はありません。自毛植毛をする時には、文字通り患者の髪の毛をドナーとして採取してからそれを薄くなっている頭皮に植えていく作業に入りますので、一度成長すると普通の髪の毛と全く同じように髪の毛が成長することになります。この髪の毛の成長に関しては個人差がありますが、髪の毛が順調に成長すると自毛植毛から発毛作用が発生しますので、これによって人工毛髪などを別途植えていく必要はなくなるのです。人工毛髪による手術が行われなくなったのは、人間の身体に対する悪影響が非常に強かったからです。人間の頭皮に人工毛髪を移植すると、人間の免疫細胞は外部から異物が混入したと錯覚をしてその毛髪に攻撃を開始することになります。特に、免疫機能が過剰に反応してしまういわゆるアレルギー体質を持っていた人はこの症状が頻繁に起こっていましたので、危険性が大きな人工毛髪を利用した手術は無くなりました。近年では行われてる耐熱性が存在する人工毛髪は、髪の毛と直接的に接触させて結合するタイプのものになっていますので、発毛をするために利用するのではなく増毛をするために利用します。発毛作用を促す植毛は患者の髪の毛を利用した自毛植毛しか存在しませんし、自毛を利用した移植手術は身体に対して悪い副作用を与えない傾向がありますので安心して発毛に利用できるのです。

page top